原宿駅から徒歩7分のヨガスタジオ・レヴン

なりたい自分を叶えるヨガスタジオ

レヴン原宿・表参道

お気軽にお問合せください

090-2456-5584

電話受付

9:00~21:00

寝込むほど重症だった花粉症が、今ではマスクもいらなくなったワケ。

2017-02-21

テーマ:

 

春!

ポカポカ暖かくなってきて、色とりどりの花が咲いて、気分も明るく軽くなる季節♪

でも、花粉に、PM2.5に、黄砂まで飛んでくる季節でもあるので、アレルギーがある人にとっては浮かれてばかりもいられない、人によっては厳しい季節です。

 

 

花粉症になってしまった?

アメリカ生活が長いわたくしですが、日本に来ると、ときどきひどい風邪をひいたような状態になっていました(今振り返れば春だけ)。

 

そして日本に住むようになってからは、春になると家から一歩も出ていなくても、

  • 熱があるようにボーっとする。
  • ひどい鼻詰まり。
  • 鼻水
  • 頭を「わー!」ってかきむしりたくなるような、なんとも言えない鼻の奥の不快感。
  • だるい。
  • 目や耳の奥のかゆみ。
  • 不眠・・・。

鼻に症状がまったくない年が2回くらいありましたが、その時はひどい喘息のような症状に一日中、そして春の終わりまで苦しみました。

 

わたしは花粉症じゃない!

と、初めの2年くらいは抵抗を試みたものの、毎年ひどくなる一方の症状に、花粉症であることを認めました。

 

でも、今はもうそんなツラさは忘れかけています。

 

 

花粉症が消えた?

毎年春が近づくと、

「花粉は飛び始めた!?まだ飛んでない?」

と、ビクビク。

 

のはずが…ん?

今年は症状が軽い?

というか、ほとんどない…。

ほんとに?え?・・・え?(・・?)←しつこい(笑)。

 

あまりにも信じられなくて、ビクビクしながら自分の様子を伺っていました。

でも、その年から花粉症の症状は出なくなっていきました。

 

 

食べ物だけじゃダメ

{85EB279A-65F8-4174-ABA0-7548F461E800}

アレルギーといえば、私は生まれたときひどい蕁麻疹だったそうです。

それがキッカケで、赤ちゃんの頃からオーガニックで育ててもらい、おかげで1歳になる頃には蕁麻疹は完治していたそうです(20代まで知らなかったことですけど)。 

 

口にするもの、皮膚に塗るもの、歯磨き粉や洗剤に至るまで、無農薬無添加オーガニック。

生まれたころから「浄化」という言葉に慣れ親しむ環境。

 

育った環境のおかげで、食べ物や身の周りのものが体や環境へどう影響するのか考えて手にするのことや、美味しくて健康に良いものをバランスよく楽しく食べるのが普通になっていました。

 

花粉症や他のアレルギーの発症原因には、食品添加物などがあります。

 

重度の花粉症になってしまった原因には、家を出てすぐの頃、数年間は大学の寮にいたり、外食が続いたりして、添加物を摂ることが続いたのもあるかもしれません。

でも、添加物を避けてるだけじゃダメなんです。

 

今では「信じられない」と言われますが、わたくしものすごい運動嫌いでした。

体育の成績は良かったし、運動神経はいいほう。

でもエクササイズする人を「なんでそんなことをするのかわからない」と思うほど、それこそ歩くのも面倒だっていうレベルのナマケモノでした。

 

家と目的地を結ぶのは車。

公共機関を使うと歩かなきゃならないからイヤ☆

あまりにも歩かないので、「Door to Door(ドアからドア)の人」って言われていました。

 

今考えるとひどすぎる(; ̄ェ ̄)

 

アレルギーは、食事などの他にも、自律神経や免疫系のバランスが乱れると起こりやすいのです。

どんなに食べ物や身の回りのものに気を配っていても、

  • 規則正しくない生活
  • 運動不足
  • 食べ過ぎ

をしていたため、いつの間にか体内のバランスが崩れてしまい、免疫力が下がっていました(花粉症でも症状を出さない方法についてはこちら)。

 

 

運動嫌いな私がなんだってヨガを始めたのか

{24CFC1AE-759C-4F35-A5FE-D8AF88F16D2D}

花粉症だったからじゃありません。

ヨガに興味なんてありませんでした。

花粉症に効くことも知りませんでした。

それに、ヨガは運動(エクササイズ)だと思っていたんです。

 

はじめてヨガをやったのは、「呼吸」が体や心にどれだけ影響するかという研究に驚いて、呼吸の心身への影響について論文を書いていたときです。

 

ヨガをしてみたかった友人に、「論文の役に立つんじゃないか」と誘われ、いくつかのスタジオに数回ずつ行ったものの、なにがいいのかわからずやめてしまいました。

 

その後すぐ、たまたま行った書店でヨガの実践本が目に留まり、論文を書きつつその本でヨガの実践を始めました(昔ダンスをやっていたこと+大学やエステの国際資格で学んだ解剖学の知識があったのが幸いしました)。

すると、あれ?なんだか疲れにくい。

1週間で体に変化を感じました。

 

たかが1日15分のヨガを1週間やっただけ。

「そんなはずはない。いくらなんでも効果が出るのが早すぎる」

と信じない、というか信じられなかったんですけど。。。

 

2週間目。

 

体が疲れない。むしろ軽い。

他に理由が思いつかない。

あんなに疲れやすかったのに・・・?

 

ヨガってすごいんじゃん!(◎_◎ )

 

がずっと続いて軽く10年超えました。

 

駅まで5分の距離を小走りでも走り切れなかったのが、15分くらい小走りで止まらずに走っている自分に気づいてビックリ☆

あんなに動くのが面倒で腰が重かったのに、フットワークよく動いている自分に気づいてビックリ☆

 

こんな変化にときどき気づいて、自分のことだけど色々と楽しいです。

 

花粉症が消えたのもこんな変化の1つです。

あーーーーーんなに!ひどかったのに!!

あれ?花粉症の症状がない?

え?ほんとに?え?ってなったのは、ヨガを始めた翌年だったかな。

 

実際生徒さんにも、今年は花粉症の症状が出ません!

っていう人多いです。

 

はじめて花粉症の症状が軽い?と思った年は、マスクを忘れると「ちょっと鼻がムズムズするかな」くらいでした。

その後2~3年くらいは「今年はどうかな」「大丈夫かな」と、しばらくビクビクしてましたが、

 

大丈夫でしたー!ヾ(*´▽`*)ノ

 

今ではもうマスクもいらない!

でもするけど!(こわいから笑)

 

 

花粉症にさようなら♡

いくら食べ物に気を使っていても、体を動かさないでいると、要らないものを排出する力が弱くなります。

毒素を溜め込んだ体は、免疫力が下がってアレルギーを発症しやくなります。

運動不足で自律神経を乱しても、アレルギーの影響が出やすくなります。

 

運動嫌いな私がヨガを続けられるのは、エクササイズとは違うから。

エクササイズは、実は今でもあまり好きじゃありません。

苦しいのとか、キツイのは、ときどきスポーツするときくらいでいい(そのときはスポ根スイッチ入ります(笑))。

楽しくて、実感のあることじゃないと続かないタイプ。

 

ヨガのおかげで、

  • 細胞レベルからのデトックスで免疫力が高くなった
  • 自律神経が整ってアレルギーが出なくなった

こうして、ひどい花粉症から救われました。

 

「なんだ〜〜今すぐ治せるとかじゃないのね〜」と思われた方。

体はイキナリ変わらないのです。

とにかくもうすでに出て締まっている症状を、少しでも軽くする方法を花粉症でも春を快適に過ごしたいに書きました。

花粉症の人がこの時期やってはいけない4カ条も併せてご参考ください。

 

もーーーお!花粉症やめたい!!

その気持ちわかります!

 

花粉症を治療する新薬は出ています。

どれも毎日摂取して、効果が出るのに2年〜3年かかるそうです。

 

私は薬じゃなく自分の持つ力で、花粉症を治したい!という方。

始めるのが早いほど、来年の春の花粉症は軽くなるでしょう!(出ないかもしれません)

そして、私のようにきっとマスクもいらなくなります。

 

適度に体を動かして、体の巡りや消化力を良くしましょう♪

花粉症だけじゃなく、体力がつく、精神が落ち着くなど、色んな効果がついてきます。

なにより、私のような運動嫌いでも続けられて、体幹まで鍛えられるのが素晴らしい(笑)。

と、ヨガで花粉症が出なくなったわたくしですが、規則だたしい生活、適度な量の食事、体質に合った食事をする、添加物を摂り過ぎない、便秘をしない、冷え性にならない、自律神経を乱さない、といったことで、アレルギーは出なくなります。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-2456-5584

受付時間:9:00~21:00