なりたい自分を叶える・心も体も健やかに美しく・渋谷区原宿・表参道エリアのヨガ・ヨガセラピー

レヴン原宿・表参道

体の痛みやコリ、トラウマ、ストレス、悩み、問題を、解決・サポート。
あなたの可能性を最大に引き出すヨガトリート。

お気軽にお問合せください

090-2456-5584

電話受付

9:00~21:00

あなたは大丈夫!(うつ・パニック障害・自律神経失調症)

パニック障害、自律神経系、ウツなどに悩む人たちから、

「通いたいけど遠方で行けません。なにかアドバイスをください。」

といったお問い合わせがあります。

クラスに参加できないけれど、今ある症状を改善したい!という人たちのお役に少しでも立てたら幸いです。

 

病気と症状と体質

イキナリですが、こんな人がいます。

心の状態が、

  • 心配や不安
  • 考えすぎ
  • 心の焦点が定まらない
  • 移り気
  • 短気
  • うつ状態
  • 情緒不安定
  • 衝動的

 

他にも、

  • 疲労
  • 不眠
  • 食欲減退
  • くつろげない

 

それから、

  • 便秘
  • 腸内ガスやお腹の膨張感
  • 肌荒れや乾燥
  • スタミナや活力の低下
  • 関節の痛み
  • 体重減少
  • 筋肉の痙攣
  • 腰痛や生理痛
  • 過敏性腸症候群
  • 鋭い神経系の痛み

 といった症状が見られます。

 

同じような症状がありますか?

全て同じでなくてもかまいません。

 

これはある体質を持つ人に現れやすい症状、または大きな病気を引き起こす前段階の誰にでも見られる症状です。

 

この体質の人(またはこのような状態にある人)は、変化に対してとても敏感で、刺激を受けすぎてしまいます。

たとえ変化を好む人だとしても、度がすぎると興奮が疲労に変わってしまい、イライラしたり、落ち着きがなくなったりします。

 

このような兆候が見られる典型的な原因は、

  • ストレスを受けて不安になっている
  • 体が疲れきっているか精神的緊張や過労が続いている
  • 生活環境が一変した
  • 季節の変わり目
  • 冷たい食べ物飲み物、生のもの、乾いたものをたくさん食べる
  • サラダや豆、ジャガイモ、葉野菜などをたくさん食べる
  • 厳しい食事制限をしたり食事を抜いている
  • 体からの空腹の合図を無視する
  • 不眠や睡眠不足が続いている
  • 悲しみ、恐怖、予期せぬ衝撃で感情的に苦しんでいる

といったことです。

思い当たることはありますか?

 

体調を取り戻す

このような状態の人が快適な体調を取り戻すには、とにかくバランスのとれた習慣を築き上げることが最優先です。

毎日少しずつでも規則正しい生活を意識していくことが良薬となりますので、具体的にやってみてほしいことは、

 

十分な休息をとりましょう

無理をしすぎているな、なにかをやり過ぎ着ているなと感じたら、5分ほど手を止めて休憩しましょう。夜は十分な睡眠をとります(不眠が続いていてもあきらめないで)。

睡眠以外にも瞑想をして深いくつろぎを得るのもよい休憩です。

この体質の人は最も瞑想に向いていますので、数分で気持ちが落ち着き、気分が一新するでしょう。瞑想は深い休息だけでなく、身体と心を一体にし、体内の自然なサイクルを正常化します。

 

冷やさない 

乾燥し、冷えやすい体質なので(または状態にあるので)、温めることを忘れないでください。というより「冷やさない」という意識でいましょう。

この体質の人は、風がビュービュー吹くような日は落ち着かないなど、空気の動きに敏感です。風に当たりすぎたりしないようにすることも気をつけましょう。

 

食事 

規則正しく食事をすることが大切です。空腹はこの体質の人(状態にある人)にはよくありません。

食欲はあったりなかったりしますが、温かく栄養に富んだものを、座って落ち着いて食べましょう。

冷たい食べ物や飲み物は避けてください。熱いお湯にしょうがを入れて飲むのはお勧めです。

 

温かいお湯に浸かる 

湿った熱のあるものは、この体質(この状態)の人にとって症状を和らげる効果があります。瞑想の前にお風呂に浸かるとさらに良いでしょう。

 

心が緊張するようなものや激しい刺激のあるものは避ける 

大音量の音楽、暴力的な映画、夜間の長時間テレビ・スマホ・PCは症状を非常に悪化させるので避けましょう。

 

周りを明るく 

明るい窓辺で風にあまり当たらないように腰を下ろす、楽しい本を読む、愉快な気分になる人と会う、笑える映画などを観るなど、本来持つ陽気さを引きだすことで不安を軽減しましょう。

 

アルコールやカフェインなどは飲まない 

アルコール、コーヒー、お茶、ニコチンなど、刺激物は症状を悪化させます。やめられるものならやめてしまうのが一番です。

 

他にもマッサージ用のごま油を使って全身をマッサージする、鼻の穴に塗るなどもとても良い効果があります。

 

これらは現代医学の基礎となった、アーユルヴェーダによる体が本来持つ治癒力を高める自宅でできる改善法です。

 

とにかくバランスのとれた習慣を築き上げることが最優先ですから、毎日行えるものを挙げてみました。

 

また、自律神経を整えるのに呼吸や適度な運動はとても効果があります。

自律神経については他にも書いていますが、激しい運動は逆効果ですので気をつけてください。

 

パニック障害や、うつ状態にも瞑想や適度な運動はとても良いのですが、その日の状態に合わせて行うようにすることが重要です。

 

通う必要はありませんので、相談をしにくるつもりで気軽にクラスに体験にいらしてください。

 

最後に:

「図々しいと思いますが」と恐縮しつつ、問い合わせくださったあなたへ。
治したい、元気になりたい、その想いを行動に移せた自分を褒めてあげてください。
そして問い合わせくださってありがとうございます。

結果にフォーカスせず、「今」の一瞬一瞬に意識を向けることを大切にしてください。

行動を起こしているあなたなら大丈夫です。

自分を信じて。

f:id:kireinakurashi:20170828152930p:plain

 

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けています。お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

090-2456-5584

受付時間:9:00~21:00

体験予約フォーム

サイドメニュー