なりたい自分を叶える・心も体も健やかに美しく・渋谷区原宿・表参道エリアのヨガ・ヨガセラピー

レヴン原宿・表参道

体の痛みやコリ、トラウマ、ストレス、悩み、問題を、解決・サポート。
あなたの可能性を最大に引き出すヨガトリート。

お気軽にお問合せください

090-2456-5584

電話受付

9:00~21:00

偏頭痛を治したい

天候の乱れというのか、荒れているというか、なんだか落ち着かない様子の地球です。

気圧の変化が激しいせいで、頭痛を起こす人も多いのではないでしょうか。

そんな気圧の急な変化や、激しい寒暖差により偏頭痛は起きやすくなります。

他にも緊張がほどけたり、女性の場合は月経時に偏頭痛が出る人もいます。

相手のことを知らずして戦うことはできません。

ということで、

  • 偏頭痛が起きる原因
  • 偏頭痛を改善する方法
  • 頭痛体質がある
  • 副作用のない薬
  • 頭痛薬について

を見ていきましょう。

偏頭痛はなぜ起きる

気圧の変化や、気温の急激な変化、緊張がとけたりするときに、血管が広がり、三叉神経というところが刺激され、頭痛が起きます。

この三叉神経を刺激しないよう、広がった血管を収縮する脳内物質があるのですが、その名を「セロトニン」と言います。

でも慢性的なストレスがあると、このセロトニンが不足しがちになり、血管を収縮することなく三叉神経を刺激します。

つまり、慢性的なストレスは偏頭痛の原因になります

偏頭痛を起こさないために

広がった血管を収縮させるセロトニンを不足させないためには、どうすればいいのでしょうか。

この脳内物質は、人がリラックス状態にあるときに分泌されます。

筋肉がほぐれたり、呼吸とともに動く運動や、一つのことに意識を集中することを5分以上続けることで、人はリラックス状態に入り、セロトニンが増えることがわかっています。

またセロトニンは、新たに作られることがなく、そのほとんどはリサイクルです。

わずかしかない、大切なセロトニンのリサイクルを邪魔するのが、ストレスホルモン(コルチゾール)です。

慢性的なストレスが、偏頭痛の原因となる理由です。

ストレスホルモンの分泌は、ヨガで減ることが医学的に証明されていることをご存知ですか?また、筋肉をほぐし、呼吸と共に意識を自分に向ける(集中する)ヨガや瞑想は、セロトニン分泌を促し、深い呼吸によって、脳に酸素と新鮮な血液がいきわたることでセロトニンが活発化します。

ストレスホルモンを減らし、セロトニンが不足しないようにすることは、偏頭痛の改善に有効です。

普段の生活の中で、呼吸を意識し、筋肉をほぐすことだけでも習慣化しましょう。

頭痛体質を改善する

頭痛体質という言葉を聞いたことがありますか?

頭痛を起こしやすくなってしまっている体質のことです。

私たちの細胞内には、エネルギーを作り出してくれているミトコンドリアという大切な器官があります。

ガンの抑制やアンチエイジングなど広い効能があり、頭痛とも関わりがあります。

このミトコンドリア活性が低い人は頭痛体質になります。

あなたのミトコンドリアの活性度を、下のリストでチェックしてみてください。

あなたのミトコンドリア活性度はどれくらい?
  • 夏でも手足の先が冷たい(冷え性)
  • 肩こりがひどい
  • 運動が苦手。ほとんど運動をしない
  • シミ・ソバカスが多い
  • 肌がいつもくすんでいる(黒っぽい)
  • 目の下にクマがでやすい
  • 生理痛がひどい
  • 肌がカサカサしている
  • 寝つきがわるいまたはよく眠れない
  • 老けてみられる

いくつ当てはまりましたか?

これらはミトコンドリアが活性化してない可能性のある人の症状です。

 

頭痛体質を改善するには

ミトコンドリアを増やして活性化させることは、頭痛体質を改善するのに有効な手段です。

このミトコンドリアを効果的に増やし、活性化させるのが「エクササイズ」と「食事のしかた」です。

全然運動をしていなかった人が、1週間同じ運動を続けると楽にこなせるようになってきますね。あれはミトコンドリアが増えて、エネルギーを効率よく作ることができるようになるからです。

ミトコンドリアは持久力に関係する筋肉(遅筋)に多く含まれています。

特に姿勢を保つためのコア筋肉(姿勢保持筋)と、背筋や太ももの筋肉に多く含まれていますので、正しい姿勢を保てる筋肉がないということは、ミトコンドリア活性が低いといえるでしょう。

ミトコンドリア活性を高めて頭痛体質を改善する

ミトコンドリアを増やし活性化させるのに効果的なのは、姿勢保持筋・背筋・太ももの筋肉を鍛えることです。

立っているとき、歩いているとき、座っているときに、背中が丸まっていたり、首が前に出ていたりしませんか?

姿勢保持筋は、人が健康的に生きていく上で「最低限保ちたい筋肉」です。この筋肉が衰えているというこは、ミトコンドリア活性が弱いだけでなく、老化促進、免疫力の低下、そして見た目や立ち居振る舞いの美しさにも違いが出ます。

また食事のしかたもミトコンドリアを増やし、活性化するために大切な要素です。

これは食べ過ぎないということだけです。

食べ過ぎは、ミトコンドリア活性の妨げとなりますので、腹八分を心がけましょう。

副作用のない薬で偏頭痛を改善する

どんな薬にも必ず副作用はあります。

他の臓器に負担をかけずに、自分の体を本来の状態に戻してあげることで偏頭痛を改善し、健康を取り戻すのが最善の策だと私は思っています。

薬を使わずに偏頭痛を改善する方法は、

  • セロトニンを増やし活性化する
  • セロトニンのリサイクルを邪魔するストレスホルモンを減らす
  • ミトコンドリアを増やし活性化する

ということでした。

現在、頭痛体質を根本から改善するとして、欧米では「副作用のない薬」としてヨガは医療の一部として取り入れられています。

ヨガでなくても、

  • 固まった筋肉を気持ちよくほぐす
  • 正しい姿勢を保つ
  • 正しい呼吸をする
  • 瞑想をする時間を持つ

​といったことを生活の中に取り入れて、自分の体を本来の状態に戻してあげることで、頭痛体質を改善していただきたいと思います。

頭痛薬について知っておいてほしいこと

頭痛薬は症状を抑える一時しのぎ

最後にとても大切なことをお伝えします。

薬は根本から頭痛を改善する根治治療ではありません。

頭痛体質を悪化させる場合もあります。

風邪薬や頭痛薬に含まれるアスピリンは、体内に入るとサルチル酸という強い酸に変わります。

そして私たちの大切なミトコンドリアを傷つけ、最終的には死滅させてしまう危険があります。

頭痛薬を飲んで一時的に頭痛から逃れる方法は、ミトコンドリアを弱らせ、飲み続ければ死滅させてしまう危険があります。

長い目で見ると頭痛体質を悪化させているといってもいい行動です。

ひどい偏頭痛が長く続いている場合は病院で診察を受けてください。

心臓に穴が空いているかもしれません。

5人に1人の確率で空いているこの心臓の穴が、あなたの偏頭痛の原因かもしれません。

ヨガや、上記に上げた生活習慣は、薬のように劇的な効き目は示しませんが、続けるほどに治癒力を活性化させ、頭痛体質を改善します。

健康的で、あなたの体に優しい頭痛撃退法の1つとして取り入れていただけたらと思います。

トップページ

パーソナルヨガセラピー

レッスンに通う、ご自宅で続けるなど、ヨガを習慣にして偏頭痛が治った方がたくさんいます。

より早く、より高い効果をご希望の場合はパーソナルヨガセラピーがあります。グループレッスンでは一人にかけられる時間に限界があります。

パーソナルヨガセラピーでは偏頭痛の原因となる食べ物、生活習慣、姿勢、体の使い方のクセなどからより早く偏頭痛から開放され、より元気に楽しく毎日を送れるようお手伝いさせていただいています。

トップページ

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-2456-5584

受付時間:9:00~21:00

サイドメニュー