なりたい自分を叶える・心も体も健やかに美しく・渋谷区原宿・表参道エリアのヨガ・ヨガセラピー

レヴン原宿・表参道

体の痛みやコリ、トラウマ、ストレス、悩み、問題を、解決・サポート。
あなたの可能性を最大に引き出すヨガトリート。

お気軽にお問合せください

090-2456-5584

電話受付

9:00~21:00

自律神経を整える~原因と改善法~

自律神経を乱しているために、心身の不調を抱える人が多いと気づいてからは、何年も前から自律神経のことを書いたり講演をしています。

なぜ現代人はこんなに自律神経が乱れてしまうのでしょう。

医師の診察を受けた人は、「自律神経失調症の改善のために適度な運動をしましょう」と医師に言われたことと思います。

適度な運動と言われて、「適度ってどれくらい?」「何をするのがいいの?」「普段仕事や家事で体を動かしているのは適度な運動じゃないの?」と具体的によくわからないことが多くあります。

自律神経を整えるためにも、自律神経の働き、自律神経が乱れる原因、自律神経を整える方法を知っておきましょう。

  • 自律神経ってなに?
  • なぜ「適度な運動」が自律神経を整えるのか
  • 自律神経失調症に薬はいらない?
  • まとめ

自律神経ってなに?

私たちが意識しなくても、ずっと生命機能を調節してくれているのが自律神経です。

呼吸・血液循環・消化・吸収・排泄・発汗・体温調節、心臓を動かし続け、眠っている間も呼吸や心臓が止まらずにいるのはすべて自律神経の働きのおかげです。

意識しなくても生命機能を維持してくれている代わりに、自分の意志でコントロールすることができない神経でもあります。

この自律神経のバランスが乱れるということは、生命機能の調節が乱れるということです。

もしも自律神経の乱れでつらい症状があるなら、ひどくなってしまう前に対処することが大切です。

適度な運動が自律神経を整えるわけ

心拍数を上げないヨガは適度な運動です

自律神経を整えるためになぜ適度な運動が必要なのでしょう?

それは自律神経失調症の人に

  • 副交感神経の働きが弱い
  • 運動不足

なことが多いためです。

医師の言う「適度な運動」とは「体を動かす」こととは違います。

医師の言う適度な運動とは体に有効な運動、特に「有酸素運動」のことを指しています。

運動不足を解消し、副交感神経の働きを高めることが自律神経を整えるカギとなります。

といっても激しい運動や過度な運動はNGです☆

激しい運動は交感神経を刺激してしまうので、副交感神経を優位するには心拍数をあまり上げることのない有酸素運動が適しています。

自律神経のバランスを整えるには副交感神経を鍛えることがカギ

医師が「適度な運動を」というのは、弱った副交感神経の働きを鍛えるためです。

自律神経失調症は薬がなくても自分で治せる

副交感神経を鍛える方法は他にもあります。

交感神経とのバランスを保つ4つの方法を書いてみました。

弱った副交感神経を鍛えて交感神経とのバランスをよくする~呼吸を意識しよう~

自律神経が乱れている人のもう一つの特徴に、呼吸の浅さがあります。

浅い呼吸は「交感神経」を優位にし、その状態が続けば「副交感神経」の働きが弱まります。

副交感神経を優位にするのに効果的なのが、ゆったりとした呼吸をしながら適度な運動を5分以上続けること。

すると緊張状態からリラックス状態になるホルモンが分泌され、精神状態が安定します。

つまり副交感神経が優位になります。

呼吸は意識的にコントロールできる唯一の自律神経です。

ヨガが自律神経を整えるのに効果的とされるのは、この呼吸を意識しながら行う適度な運動だからです。

心と体のストレス解消やリラックスに効果的なヨガは、副交感神経を優位にする効果が高いのです。

体温を上げる

自律神経失調症の人は体温が低い。

これは交感神経が優位になっているために血管が収縮してしまい、血流が悪くなっているためです。

体を温めることも自律神経のバランスを整えるのに大切なことの1つです。

正しい姿勢を保つための筋肉や体幹を鍛えると、効率的に熱を作る体になります。

体温が高くなることで自律神経が整います。

さらに代謝がよくなり、免疫力も上がります。

健康でいるために必要な体温は最低で36.2度です。

もう冷え性やめる!本当の温活&温活ファッション

腸の働きをよくする

腸の働きを良くすることも、副交感神経の働きを高めます。

適度な運動は腸の働きを高める効果があります。

ウォーキングなどの有酸素運動も効果がありますし、ヨガは内臓全体の働きを高めます。

呼吸を意識しながら体を伸ばしたり縮めたり捻ったりすることで、内臓全体をマッサージするためです。

内臓の血流を良くして働きを高めることは、自律神経の働きを整えると同時に、冷えの改善にもなります。

浅い呼吸の改善、内臓の働きをよくする、冷えの改善と、自律神経を整えるのに有効なことが同時に行えます。

自律神経と薬

ほとんどの薬は飲み続けると交感神経を優位に傾けます。

薬は対処療法です。自律神経を本来のバランスに整えるには、自己治癒力を高めるのが一番です。

現在薬を服用しているのなら、医師と相談しながら最終的に薬がなくなることを目指しましょう。

まとめ

自律神経を乱している人の特徴は

  • 運動不足
  • 呼吸が浅い
  • 体温が低い
  • 腸の働きが悪い
  • 寝つきが悪いまたは不眠
  • 疲労感が抜けない

などがあります。

自律神経を整えるためには

  • 呼吸の改善
  • 内臓の働きを良くする
  • 体幹が鍛えられ姿勢が正しくなることで神経系を整える
  • 血流を良くする

ヨガのこれらの効果によって体温が上がり、内蔵機能が高まり、副交感神経が鍛えられ自律神経が整います。

冷えの改善、免疫力アップ、代謝機能が向上するので老化防止やストレス対策にも効果的です。

とても効果的で健康的な自己治癒法の1つで、欧米では副作用のない薬と言われています。

トップページへ

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-2456-5584

受付時間:9:00~21:00

サイドメニュー