なりたい自分を叶える・心も体も健やかに美しく・渋谷区原宿・表参道エリアのヨガ・ヨガセラピー

レヴン原宿・表参道

体の痛みやコリ、トラウマ、ストレス、悩み、問題を、解決・サポート。
あなたの可能性を最大に引き出すヨガトリート。

お気軽にお問合せください

090-2456-5584

電話受付

9:00~21:00

自分のことをもっと知ろう!~カラダ編~

ヨガできれいなボディラインー脂肪編

ヨガできれいなボディライン

ヨガをすると脂肪が燃えやすく、つきにくくなってくるんですよ~。

よく聞きますが、「ほんとに?!」って思いませんか?

運動すれば痩せるのと同じでしょ?とか。

 

でもね、本当なんです。

理由をめちゃくちゃ簡単にいうと、姿勢を安定させる筋肉が鍛えられるから☆

 

って、簡単すぎる!

失礼しました。

 

痩せるにはいらない脂肪を減らそうとしますよね。

脂肪を減らすには燃やすしかないんですけど、その余分な脂肪を燃やすために欠かせない筋肉があります。

その名は「遅筋(赤筋とも言います)」。

 

筋肉には大きく分けて2種類ありまして、一つが遅筋(赤筋)、もう一つが速筋(白筋)といいます。

 

体を動かすにはエネルギーが要ります

筋肉を動かすにもエネルギーが必要です。

 

無酸素運動や短距離走など、瞬発的な動きをするのに使われる速筋(白筋)のエネルギー源はブドウ糖。

でも、遅筋(赤筋)のエネルギー源は脂肪です。

つまり遅筋を多く使う運動をすると脂肪を減らしやすいんです。

 

この遅筋(赤筋)は持続的な運動をするときや、姿勢を保つために使われる筋肉です。

ヨガのポーズを安定してとるためには、この遅筋を使わないとならない。

正しいヨガのポーズをとろうとすると遅筋は自然と鍛えられちゃって、結果脂肪が燃えやすい体が出来上がる☆ということなので、冒頭の、「ヨガをすると脂肪が燃えやすく、つきにくくなってくるんですよ~」は本当なんです

 

ヨガでは呼吸を意識しますから、もっと脂肪が燃えやすくなります。

火って酸素がないと燃えないって、小学校か中学校かで習いましたよね。

そういったことにいたく感動する子どもでした()

 

脂肪も酸素がないと燃えにくいんです。だから呼吸が浅いと脂肪は燃えにくい。

現代人のほとんどが正しく呼吸ができていないそうですけど、どうですか?

目安としては、20秒くらい息を吐き続けられれば大丈夫なんですけど。

そうじゃない場合は・・・って、呼吸の話になってしまいますね。今回は脂肪☆

 

ヨガにはもう一つメリットがあります。

ヨガで遅筋を鍛えると姿勢もきれいになります。

美しい姿勢を保つための筋肉がつくから。

 

だからヨガをするときは、ポーズの完成した形にこだわるよりも、そのポーズでどこを鍛えているのか意識しましょう。

ポーズの完成形にとらわれて、無理にその形に近づこうとして筋肉の使い方を間違えてしまうのを見ることがあります。

これだと使うべき筋肉が使えていなかったり、傷めてしまったり、筋肉に偏りを作ってしまったりします。

ヨガをやっていることは素晴らしいことなのに、そんなことをしていたらモッタイナーイ!

もしも目的や目標があるのであれば、効果を最大に出す方法でヨガを行ってほしい!と心の底からお願いして今日はお別れします。

 

ではまた次回。

次回はヨガできれいなボディラインー冷え編です。

 

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-2456-5584

受付時間:9:00~21:00

サイドメニュー