原宿駅から徒歩7分のヨガスタジオ・レヴン

なりたい自分を叶えるヨガ

レヴン原宿・表参道

お気軽にお問合せください

090-2456-5584

電話受付

9:00~21:00

浅い呼吸の弊害ー呼吸の雑学ー

現代人は呼吸が浅いと言われていますが、呼吸が浅いとどんな症状があるか知っていますか?

  • 冷え性になる
  • イライラしやすい
  • よく眠れない
  • 集中力がない
  • 病気になりやすい
  • 肌が老化しやすい
  • 自律神経が乱れる…

など、あなたの呼吸と併せてみていかがでしょうか。

f:id:kireinakurashi:20160518112722j:image

呼吸を深めるというと、息をたくさん吸おうとする人が多いのですが、呼吸を深めるコツは「息を長く吐く」ことです。

でも、生徒さんから「息を吐けるけど、息をあまり吸えません」という声が時々あります。

その場合は、呼吸をするための筋肉が硬いことが原因の1つです

 

心臓や腸と違い、肺は自分で動ける臓器ではありません。

そのため、周りの筋肉群に動かされて、空気を出し入れしています。

肺の周りに限らず、筋肉は年齢と共に(なにもしなければ)硬くなっていきます。

肺を主に動かしている横隔膜や、胸郭の周りの筋肉も同じく硬くなっていきます。

そのため、横隔膜や胸周りの筋肉が硬くて、呼吸が浅くなるということがあります。

 

横隔膜の緊張があると呼吸が浅い

横隔膜が硬くなっているという意味では同じなのですが、それが「緊張のせいで」となるとちょっと意味が違ってきます。

横隔膜の動きは、頚椎の3・4・5番目(要は首)から出ている横隔神経がコントロールしているのですが、首の筋肉の緊張で、横隔膜が緊張してうまく息が吸えないということがあります。

 

首や肩は、無意識に力が入りやすいため、首コリや肩コリになりやすいですね。

ストレスがあったり、緊張をしているときは特に力が入ります。

 

ヨガでは、こういった余計な力に気づいて、余計な力を抜くことを身につけます。

そうすることで、肩こり・首のコリを予防解消できるようになります。

横隔膜の緊張も防げますね。

人間は力を入れるのはカンタンにできても、意識的に力を抜くには訓練が必要です。

できるようになると、心の緊張も体の緊張も自在に解くことができるようになります。

 

内臓が理由で呼吸が浅い

呼吸が浅くなる理由に内臓の状態があります。

息を吸うと、横隔膜は平らになり、胃の方へと下がります。

横隔膜と胃の間にはスペースがあるので、息を吸うために横隔膜が下がることを胃は邪魔しません。

でももし胃が上がっていたら、横隔膜が下がるときに胃とぶつ買ってしまいます。

 

普通、胃下垂というと、胃が下に下がっていることを言いますが、中には胃の一部が上に出っ張る人がいます。

またうつや自律神経が乱れていると、胃が上がってしまうことがあります。

 

息が吸いにくい、息苦しい理由には、

  • 胃下垂
  • うつ
  • 自律神経失調症

などの場合があります。

 

他にも肝臓が硬くなっていることが、息苦しい原因になることがあります。

肝臓と横隔膜の間にはスペースがないのですが、横隔膜が下がってくると肝臓は2~3cmほど下がります。

肝硬変などで肝臓が硬くなっていると、横隔膜が下がっても肝臓が下がらないために肺の広がりを妨げてしまいます。

 

色々と書きましたが、呼吸が浅い原因の多くは、呼吸筋の硬さ、姿勢、ストレスや自律神経の乱れによる緊張が原因です。

 

心と体をつなげる唯一のものである呼吸を一度見直してみてください。

原因不明の体調不良や、治らない肩こり腰痛などの原因が呼吸にあることは珍しくありません。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けています。お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

090-2456-5584

受付時間:9:00~21:00