なりたい自分を叶える渋谷区ヨガ・ヨガセラピーLEAVEN

レヴン原宿・表参道

なりたい自分になる心と体をつくる

お気軽にお問合せください

090-2456-5584

電話受付

9:00~21:00

ヨガ半額体験キャンペーン中!

いつでも、いつからでも、ずっと自分らしく

4月中はレッスン体験が半額!

原因不明の腰の痛みの救世主とは?

腰痛に悩む人が後を絶たない。

今や腰痛は国民病と言われています。

でも、「腰痛の85%は原因がわからない」って知っていますか?

以前このタイトルが、新聞の一面を飾ったことがあります。

原因不明の腰痛とは、つまり「検査によって原因を特定できない」ということです。

 

意を決して診察を受けたのに、特に原因が見当たらず「ストレス」と言われた。

痛み止めを処方されても効かない。痛みが繰り返される。ひどくなる。

どうにかしたい!とお悩みの方の、少しでもお役に立てればと思います。

そこで、原因が特定できない腰痛の原因と、改善解消法を探していきたいと思います。

 

ストレスなど、原因が特定できない腰痛の原因は、かなり大雑把にいうと、

  • 心理的緊張
  • 身体的な原因

の2つです。

なにか思い当たりますか?

 

心理的緊張とは

  • 見下されるかも
  • 嫌われるかも
  • バカにされるかも
  • 非難されるかも
  • 怒られるかも

といった、心が傷つく可能性を感じたり、ストレスや怒りによる緊張のことです。

  • 車に轢かれそうになる
  • 獣に襲われそうになる

といった、体に傷がついたり、命に関わるときに緊張するのは物理的緊張です。

どちらも体のストレス反応系統を活性化します。

つまり、筋肉の緊張が高まって痛みとなったり、背筋が痙攣して痛みとなったりします。

 

肩こりを想像して見てください。

ずっと肩に力が入っていたら、筋肉が硬くなって血行が悪くなり、コリとなりますね。

そのコリがどんどんひどくなって、最後は痛みになるのはおわかりいただけると思います。

 

腰痛にも同じことが起こります。

ただ腰は肩と違いコリを感じないため、とつぜん痛みとなって表れます。

現代の日本の生活で、命に関わる緊張を日々強いられることはあまりないと思います。

ですから腰痛の原因が、心理的緊張の場合、その緊張を取り除くことで痛みが消えることがあります。

(生徒さんたちには、いつの間にか腰痛から解放されているため、指摘するまで気づかなかったり、腰痛があったことすら忘れている人もいます。)

 

身体的な原因

  • 姿勢
  • 筋肉の緊張
  • 筋力の低下
  • 体の感覚の鈍化(意識を体に向けることがない)

などが、腰痛の身体的原因です。

 

頭を前に突き出す前傾姿勢や、肩がどちらかに傾いているなど、スマホやPCに向かっているときに多い姿勢があります。

この姿勢は首と腰に慢性的な痛みを引き起こします。

 

太ももの後ろのハムストリングス筋が硬い人は、骨盤が引っ張られて後ろに傾き、腰が丸くなります。

これは椎間板ヘルニアや座骨神経痛になることがあります。

 

膝の後ろや骨盤周りが硬い。

姿勢を保つ筋肉群が弱い(姿勢が悪い)。

これらも腰痛の原因になります。

 

腰痛を解消しようと、腹筋ばかり鍛える人がいるのですが、逆に悪化することがあります。

腹筋が強くて背筋が弱いといったバランスの悪い体になると、腰痛を悪化させる可能性があります。

 

筋肉はバランスよく鍛えることが大切です。

これは柔軟性がありすぎて、腰痛のある人も同じです。

私が見てきた中で、原因不明の腰痛の多くが、姿勢からくる腰痛です。

この場合、正しい姿勢でいるための筋肉を鍛えればいいだけです。

 

疲労も腰痛の原因

それから、疲労も腰痛の原因になります。

寝ても疲れがとれないワケ」に書きましたが、体が硬いと疲労の回復を妨げます。

体が硬いと、血液の流れが悪くなるのは想像できますでしょうか。

疲労物質や老廃物は、血流に乗って排出され、栄養は血流に乗って、体のすみずみまで運ばれます。

血流が悪ければ、毒素の排出がされにくく、栄養は行き届かないため、慢性的な疲労状態になります。

前述したように、腰は肩や首と違ってコリを感じませんから、腰痛は痛くなるまで気づかなかった腰のこり・腰の疲労でもあるのです。

 

腰痛を解消するために

腰痛の原因がなんであろうと、原因不明の腰痛のほとんどは自分で治せます。

というより、自分でしか治せないものが多いでしょう。

あなたに代わって誰かがあなたの筋肉を鍛えることはできません。

普段から正しい姿勢を保持することもできません。

ストレッチもできません。

休んでくれません。

心理的緊張をほぐせるのも自分だけです。

 

身体的原因である、姿勢を正す筋肉はインナーマッスル(体幹)です。

これらをバランスよく鍛えるには、キツイ運動が必要!と思いますか?

キツイ運動は必要ありません。

ギューギュー柔軟しなきゃ!?

これも必要ありません。

 

普段の生活で、

  • 骨盤を正しく立てて座る・立つ・歩く
  • 呼吸を深める
  • 背中・お腹・脇腹・太ももの前後をちょこちょこ軽くストレッチをする

これだけです。

普段の意識の持ち方だけでも、随分と変わります。

といっても、正しい骨盤の位置がわからない、正しい姿勢のとりかたがわからない、体の硬さが邪魔をするなど、わからないことを解消するために専門家や先生がいます。

自分の姿勢をチェックしてもらうだけでも、驚きの発見があるものです。

一度だけでも見てもらうと、新たな自分発見!があって楽しいですよ。

 

まとめ

原因不明の腰痛の原因には、

  • 心理的緊張
  • 頭を前に突き出す前傾姿勢や、肩がどちらかに傾いているなど、スマホやPCに向かっているときに多い姿勢をとりがち
  • 太ももの後ろのハムストリングス筋が硬い
  • 膝の後ろや骨盤周りが硬い。
  • 姿勢を保つ筋肉群が弱い(姿勢が悪い)
  • 蓄積した疲労

といったことが多くみられます。

思い当たることがあったでしょうか?

 

おまけ:

ヨガで腰痛が解消するのは、姿勢保持筋(インナーマッスル)をバランス良く鍛えることにより、正しい姿勢になり、腰や膝など体に負担がかからなくなるためです。

また、正しい姿勢は本来一番ラクな姿勢なため、一度身についてしまえば、寝たきりになるなど特別なことがない限り衰えることがありません。

心理的緊張による腰痛の場合は、呼吸とともにリズムある運動を5分以上続けることで、ハッピーホルモンと言われるセロトニンが増え、ストレスホルモンのコルチゾールが下がります。高いリラクゼーション効果による、腰痛の解消に有効です。

腰痛に悩んでいて、もしヨガを試してみたいと思う方は、やり方によっては悪化することがありますのでご注意ください。

エクササイズ系のヨガではなく、ヨガセラピーやリラクゼーション系のヨガスタジオで先生に相談するようにしましょう。

また、腰痛の原因を確認したい、現在の自分の呼吸や姿勢のチェックしてほしい、有効なストレッチのしかたを聞きたいという方は、体験だけの参加もレヴンは歓迎です。(勧誘は一切ありません)。

原因不明の腰の痛みの救世主は、他の誰でもない「あなた自身」です。

心地よくあなたらしく生きるために、早く腰痛とさよならしてください。

なにかのお役に立てれば幸いです(^^)

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けています。お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

090-2456-5584

受付時間:9:00~21:00