原宿駅から徒歩7分のヨガスタジオ・レヴン

なりたい自分を叶えるヨガ

レヴン原宿・表参道

お気軽にお問合せください

090-2456-5584

電話受付

9:00~21:00

継続できない人が継続できるようになるコツ

わかっているんです。

質の良い睡眠に食事、適度な運動…

健康でいるために、きれいでいるために、元気でいるために大切だってこと。

わかっているけど、なかなかできない、続かない。

 

勉強だって、仕事だって、やり続けることが大切だってわかっているんです。

わかっているけど、これがなかなかできないもんなんです。

 

これは痛みに効いて、こうすると老化を防いで、これを食べると認知症予防になる・・・

「健康に良い」と紹介される食べ物や、生活習慣についての情報が溢れかえっている。

わかっているんです。

継続しないことには効果がないってことくらい。

  

地道にコツコツが苦手。

好奇心旺盛で色々なことをやっては、パタッと飽きる。

体を動かすことに関しては、歩くことすら億劫だった。

そんな私が、気づけばもう十数年間ヨガを続けています。

 

ヨガはエクササイズとは違って、生活に自然と溶け込めるものだったのが幸いだったのかも。

思い立った時に、いつでもどこでもできますから。 

f:id:kireinakurashi:20170302082648j:plain

生徒さんからも、「いつの間にか1年過ぎてました」という声があります。

みなさん、来た頃に比べると色々な変化が見られます。

 

肩のコリがひどい、首が痛い。

来るたびにそう言っていた人が、いつの間にか言わなくなっています。

 

のぼせがあったのに「そういえば軽くなってきています☆」という人。

冷えがなくなった、疲れにくい、服のサイズが変わった(痩せた)など、いつの間にか一年以上経っていて、いつの間にか体が改善されて、いつの間にか気持ちや考え方が変わっている。

 

体の不調には気づきやすいのに、そういったことが改善・解消していることには気づかないことが多いのです。

だから生徒さんには時々変化を伝えます。

変化を認識しているというのは大切なんです。

効果をより「自分のもの」にできるから。

 

私はヨガを続けることで、

  • 体力がついた
  • 呼吸が深くなった
  • 痛みやコリがない
  • 体温が上がった
  • 風邪をひかなくなった
  • 寝込むほどひどかった花粉症が治った

こういったことに気づくのは、やっぱりフトした瞬間でした。

 

でも、たまに自分をほったらかしてしまう時があります。

ヨガをしない=「自分と向き合う時間を持たない」ことです。

 

PC作業をすることも多いので、肩や首にはコリが生じます。

自覚ないままに、いつのまにか心身の疲労が溜まってきます。

そうなってから、コリを解消したり、疲労を取り除こうとするのはタイヘンです。

「はい!治りました〜」なんて魔法はないんだということを痛感します。

 

薬で神経を麻痺させたり、痛みを感知させないようにすることができます。

でも症状を抑えるのと、治癒するのは違います。

 

抑えつけるだけで、治癒をしないと、いつかどこかでドッカンします。

ちゃんと自分の心や体のサインを受け取ってあげることは、心地よく、自分らしく生きるのに必要なスキルです。

 

首や肩の痛みやコリは、痛む前(自覚する前)にそうならないようにしないと、自覚が出てからではなかなか痛みがとれません。

 

疲労やストレスを溜めて免疫力が落ちれば、アレルギーが出やすくなったり、風邪をひきやすかったりします。

 

体の動かし方のクセや悪い姿勢は、腰や膝の痛みになることもあります。

呼吸が浅ければ、自律神経を乱す要因になります。

 

先日見ていた健康番組に出ていたドクターも言っていました。

 

体はすぐに変わらない。

 

切り傷一つ、完全に治るには数日かかります。

健康も、若さも、美しさも、勉強も、仕事も、続けなければ自分のものにならない。

 

では、「継続できるようになる」にはどうすればいいのか。

 

継続したいことは、本当にやりたいことですか?

本当に達成したい目標ですか?

達成した自分を思い浮かべたらどんな感情がありますか?

 

ずっと続けられるものは、自然とできるものなんです。

本当はやりたくないこと、興味がないことは続けにくいのです。

本当は興味がないけれど、目標を達成したいのなら、目標達成した自分の感情を目標にするのがいいでしょう。

その感情が思い浮かばない場合は、その目標は変えましょう。

 

やりたいことだとしても、最初はルールが必要です。

目標をいつまでに達成するのか、機嫌を決めてしまいましょう。

1週間や1か月など、自分が続ける期間を決めてしまいます。

 

気づいていないだけで、誰にでも自然と続けられているものがあるものです。

気張らなくても、自然とやっていること。

私の場合だと、

  • 食品や日用品を買うときに、「原材料名」を見る(食べるものに気をつける)
  • 休日でも朝はどんなに遅くても8時前には起きて行動開始(リズムを崩さない)
  • 体が固まってきたなと思うときはこまめにストレッチ(心身のリフレッシュ)
  • 移動時間は書き物をしたり調べものをする(隙間時間の利用)

書き出すと色々出てきます。

隙間時間にちょこちょこやれるものや、無理なく習慣づけられるものは色々とあります。

 

人は自分のことについて、思っているより観察していないものです。

いきなり高い目標設定にしてしまうと続きにくいので、はじめは「生活の中に取り入れるだけ」と気軽に始めるのが続けるコツです。

 

例えば:

  • 歩き方に注意を向けて自分の癖を見つけてみる。

   ➺続けていると体の感覚が鋭くなってきて、痛みなどの改善・予防につながります。

  • ふとした時に自分の呼吸を観察してみる。

   ➺どんなときに、自分はどんな呼吸をしているだろう(心の状態を知る)

  • 座っているとき、立っているときの姿勢はどうだろう。

   ➺筋肉を使っていない・だらしない姿勢になっていないだろうかなど。

   (正しい姿勢にすると肩こり腰痛の予防改善になります。)

 

生活の中に取り入れられる、心身の健康を保つ方法は山のようにあります。

今この記事を読んでくれているあなたは、立っているでしょうか?座っているでしょうか?寝転がっているかもしれません。

 

読み終わったら、自分の「今」に意識を向けてみてください。

「今自分は立っている」「今自分は座っている」「今自分は寝転んでいる」。

自分の状態を言葉にして、何度も心の中で呟いてみてください。

体の感覚を捉えるようにしながら何度もつぶやきます。

「今」に意識を向けるということがどういったことかわかると思います。

 

「今」に意識を向ける感覚がわかると、普段いかに「外」や「未来」や「過去」に意識が向いているかがわかるようになります。

 

「今」に意識を向ける習慣がつくと、「集中力」がアップします。

そうなれば仕事や勉強の効率が上がります。

人の話を「なんとなく聞いている」ということがなくなって、人間関係が良くなります。

 

大きな目標を掲げると続きにくいのです。

自然とできることから取り入れるのが継続のコツです。

まずは「今」に集中することを、期間を決めてやってみましょう。

 

そんな簡単なことで!?と思われますか?

それが、なかなか続けられないものなんです。

この行動は「継続力」を鍛えます。

実はこれ、「瞑想」の練習でもあります。

 

決めた期間を達成したら自分を褒めてください。

 さあ、あなたの「今」に集中してみましょう!

 

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けています。お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

090-2456-5584

受付時間:9:00~21:00