なりたい自分を叶える渋谷区ヨガ・ヨガセラピーLEAVEN

レヴン原宿・表参道

なりたい自分になる心と体をつくる

お気軽にお問合せください

090-2456-5584

電話受付

9:00~21:00

ヨガ半額体験キャンペーン中!

いつでも、いつからでも、ずっと自分らしく

4月中はレッスン体験が半額!

世界で人気のなんにもいらないアンチエイジング

もともと東洋のものなのに、逆輸入されてる感のある「瞑想」。

科学が発展したおかげで、瞑想の様々な効果がわかりやすくなってきました。

その一つが、瞑想」をすると染色体を構成する「テロメア」に違いが出て、老化を防止するというもの。

このことがわかってから、瞑想は「なんにもいらないアンチエイジング」として世界中で有名になりました。

最近では日本の医学者にも注目されるようになった「全身の老化を止めるテロメア」。

テロメアは染色体を構成するひも状の細胞です。

この細胞は細胞分裂のたびに短くなり、分裂できる「テロメア」が減っていくことで老化が進むといわれています。

瞑想をする人としない人の差!

瞑想の練習をする人としない人の「テロメア」を一定期間調べてみると、練習をしない人のテロメアは短くなっているのに対し、瞑想の練習をする人のテロメアは長さを保持していました。

つまり老化が進んでいないことがわかったのです。

禅宗などの僧侶は長生きする人が多いのは、精進料理によるものと思われていました。

しかし食事内容に関わらず、長生きしている宗教家は世界各国に存在し、ある共通点がありました。

 

その共通項は瞑想

ハーバード大学で学生に毎日瞑想をさせたところ、8週目にしてテロメラーゼ(テロメアの長さを保つ働きをする酵素)の顕著な発現とテロメアの活性が見られたそうです。

瞑想には他にも、

  • ストレスホルモン(コルチゾール)の低下
  • 若返りホルモン(DHEA)と睡眠ホルモン(メラトニン)を上昇させる

といった効果もあることがわかっています。

ストレスはテロメアを早く短くします。

瞑想をする人はストレス耐性が強くなるため、テロメアが短くなるのを遅くするのでしょう。

それに加え、ストレスホルモンが低下すること、若返りのホルモンの分泌が増えることで、全身の老化を止める効果があるのです。

 

他にも、テロメアは生活習慣によって変わるという趣旨の論文が医学雑誌「ランセット」に掲載されました。

それによると、ロンドンに住む18歳から76歳の女性1,122人のテロメアを調べたところ、肥満の人はそうでない人に比べテロメアが8年分短かったそうです。

またタバコを1日に1パック10年間吸っている人は、吸わない人に比べ2年分もテロメアが短いことがわかりました。

運動していない人は、している人よりもテロメアが短いことが明らかになっています。

この研究によれば、肥満・喫煙・運動不足は老化を早めるということになります。

 

ストレス以外にも、悲観的な考え、ネガティブな思考はテロメアを短くします。

瞑想には、思考を前向きにする効果もあります。

 

海外セレブや成功者たちが生活に取り入れていることで、注目されるようになった「瞑想」。

でも、どうやったらいいのかわからない。

できているのかわからない。

そういった声をよく聞きます。

 

ジッと座禅のように座って瞑想するより、はじめは動きながらの方が入りやすい人が多いようです。

レヴンのヨガは、瞑想と有酸素運動を組み合わせた「動く瞑想」です。

座った瞑想が苦手な人にとっては瞑想を取り入れやすく、運動不足や体調不良を解消することもできます。

運動が苦手な人にも、取り入れやすいとの声もいただいています。

瞑想に興味を持たれたら、ぜひやってみてください。

トップページ

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けています。お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

090-2456-5584

受付時間:9:00~21:00