なりたい自分を叶える・心も体も健やかに美しく・渋谷区原宿・表参道エリアのヨガ・ヨガセラピー

レヴン原宿・表参道

体の痛みやコリ、トラウマ、ストレス、悩み、問題を、解決・サポート。
あなたの可能性を最大に引き出すヨガトリート。

お気軽にお問合せください

090-2456-5584

電話受付

9:00~21:00

肌のたるみが改善する

肌のたるみが気になる・・・。

年齢を重ねれば、肌の張りは衰えてくるものですが、50代60代の方から「内もものたるたるがなくなりました」「頬のたるみがなくなってきました」と嬉しい声があります。

肌のたるみの原因の一つは加齢ですが、同じ年齢でも肌の見た目に違いがあるのはなぜでしょうか。

肌がたるむ原因

肌がたるむ原因はいくつかあります。

主なものには、アンチエイジングホルモン(成長ホルモン)などのホルモン分泌が加齢により減少すること。

そして姿勢も大きな原因です。

肌の若さと脳内物質

セロトニンという脳内物質を聞いたことがありますか?

このセロトニンには肌のたるみを防止する働きがあります。

このセロトニンは慢性的なストレスや、不満や、イライラなどが続いていると減ってしまいます。

ヨガはこのセロトニンを増やす効果があることが医学的に証明されています。意識的な呼吸と継続的な軽めの運動をすることで、セロトニンという脳内物質の分泌が促されるためです。

肌や筋肉の衰えを防止するアンチエイジングホルモン(成長ホルモン)は、ゆっくりと筋肉に負荷をかけることで増加します。

意識した呼吸をしながら、心拍数を上げずに継続的な運動を、ゆっくりと筋肉に負荷をかけてすることで、肌を若々しく保つ脳内物質の分泌が促進され肌が若返ります

まさにヨガの動きそのものです。

姿勢が悪いと肌がたるむ

わたちの体には重力に逆らって動くための筋肉があります。

この筋肉はもちろん顔にもあります。

​重力に逆らう筋肉のことを「抗重力筋」といいます。

この筋肉が弱くなると、重力に負けて瞼や頬などがたるんできます。

体もたるみます。

「たるみ」をなくすには、重力に逆らう「抗重力筋」を鍛えなければなりません。

​抗重力筋を鍛えることは、正しい姿勢を身につけることです。

正しい姿勢を保つ筋肉は抗重力筋です。

正しい姿勢でいると顔の筋肉もたるみません。

肌を若々しく保つ脳内物質「セロトニン」と「アンチエイジングホルモン」には、抗重力筋を活性化する働きがありますから、ヨガにはダブルで肌のたるみを改善する効果があることになります。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-2456-5584

受付時間:9:00~21:00

サイドメニュー